HOME
HOME > クレド > クレド発表 5/27 ビジョンについて >
クレド発表 5/27 ビジョンについて

それでは、クレドを発表して参ります。

まず、今何回もクレドという言葉が出てきますが、クレドとはどういう意味か、
まずそれから説明させて頂きます。

クレドとはラテン語で志、信条、使命、約束の意味で、最近では経営理念を表す言葉としても定着してきました。

ニューワンズ株式会社では、経営理念のことをクレドと呼び、ミッション・ビジョン・バリューの総称として
定義させて頂きます。

まずクレドを簡単に整理します。

今クレドという言葉が出てきましたが、ここでは理念という言葉でとらせて頂きます。

理念の類義語として、クレド、イズム、ウェイ、イデアという言葉があるんですが、
ニューワンズ株式会社としてはクレドという言葉を理念と定義させて頂いております。

この理念の中には三要素ありまして、ミッション・ビジョン・バリューというものがあります。

それぞれの意味は、後で詳しく説明させて頂きますが、存在目的・理由がミッションにあたります。

そしてビジョンがミッションに向かって、具体的な未来像、3年から5年後の会社のあるべき姿、
そしてバリューは、そのビジョンに対して日々どういう行動していくかという
行動指針をバリューと定義させて頂いております。

これがクレドの全体像になります。

横軸が時間、縦軸が状態を表しております。

左下が現状です。そして右上に向かって会社が進んでいくというイメージになります。

ここでミッションは太陽に相当しておりますが、これは永遠に求めている姿にあたります。

そして、このミッションに対して、会社としてはどんな会社になりたいのか、というのが未来像ということで
3~5年後のビジョンを定めます。

そして、そのビジョンを実践するために、日々行う具体的な対策がバリューにあたります。

それでは、再度ニューワンズのクレドの整理を致します。

我が社のクレドということで、クレドとは先程も説明させて頂きました、ニューワンズの理念、
ミッション・ビジョン・バリューの総称です。

ミッションは、私たちの使命ということで定義させて頂いております。

会社の存在意義、永遠のテーマ。

ビジョンは私たちの夢ということで定義させて頂いております。

ビジョンには二つありまして、事業ビジョン、組織ビジョンで、これら二つについては後で説明させて頂きます。

そしてバリューは、私たちの行動指針ということで定義させて頂いております。

4つの要素から説明していきます。

対お客様、対仲間、対自分、対社会、この4つでバリューが構成されております。

それでは、このクレドの中身について詳しく説明していきます。

では読ませて頂きます。