HOME
HOME > クレド > クレド発表 18/27 対自分(2) >
クレド発表 18/27 対自分(2)

3.仲間の失敗や問題を自分事として捉え、まず自分に何ができるかを考えます

例えば、○○さんが失敗し、問題が発生し、お客様に怒られてしまったとします。

そんな時、今までなら、「悪いのは○○さん。失敗したのは○○さん」と他人事として捉え
感じることが多かったように思います。

しかし、私たちの仕事はチームで行う仕事です。

たとえ、失敗は問題の原因が、直接的には一人の仲間にあったとしても、
それはチーム…つまり、私たちみんなの失敗や問題としてこれからは捉えなくてはいけません。

そういった中で、この失敗や問題の解決のために、自分なら何ができるんだろうと考え、
それぞれが自覚を持って自発的に動けるとしたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

どんなに心強いでしょう。

どんな問題も解決できると僕は確信しています。

私たちは、仲間の失敗や問題を自分事として捉え、まず自分に何ができるかを考えることを仲間に約束します。